ネコと猫アレルギーの私の生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 手作り紫雲膏

<<   作成日時 : 2008/09/05 22:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

イトコから「ちょっとした傷とかかぶれに効くクリーム作られへん?」って
メールがあったので、調べてみると
『紫雲膏』(しうんこう)という漢方薬がヒットしてきた。

これがなんだか色々効きそうなんです!

江戸時代のあの名医華岡青州が創案した軟膏で、
ひび・あかぎれ・しもやけ・魚の目・あせも・ただれ・外傷・火傷・かぶれなど、
膿や滲出液の少ない皮膚症状にいいとされているそうです。

カサカサしたアトピーに効くという評判もあります♪


本当はカレンデュラクリームとかだったら簡単に作れるんだけど…
なんだか紫雲膏のほうがやっぱり効きそうで、
その上作り方のHPなんかもあるじゃないですかっ!!

それもたまたま材料も全て揃ってたり(笑)

これもご縁という事で作ることにしたんですけど、
軟膏というものは晴れの日に作るほうが質のイイのが出来るらしい。

でもなかなか晴れんのよ〜。
今日も朝と昼は晴れてたのに、夕方から大雨。

でも作り始めた時は晴れてたので、作っちゃいました。


これが時間が掛かるんだよ〜。

まずゴマ油を180度で1時間。(重合という作業)
これが180度でずっと置いておくのが難しい。
それも125gだけなので温度測りにくいし。

その後、120度くらいまで温度を下げて蜜蝋とラードを投入。

120度のまま当帰を揚げる。
浮き上がったら、すくい取る。

142度まで温度を上げて、今度は紫根を揚げ、すくい取る。
画像


80度くらいまで温度を下げて、ガーゼで漉す。

冷めて固まったら、ゴムベラでよく練る。
画像


で、容器に移し替える。

出来上がったのがコレ。
画像



この簡単そうな工程、ひとつひとつが長い!
トウキを揚げるにしても120度やから、なかなか浮いてこないのよぉ。


かるく3・4時間くらいは掛かったわ。


それに練る作業を中途半端に固まったところでやっちゃったから
ダマが出来て、最後まで消えなかったし。
画像

(ちょっと気持ち悪い映像ですみません。ほんとはもうちょっと濃い色です。)


そして、ちょっと焦げ臭い気も(笑)
もとの商品としての『紫雲膏』使った事ないから、ほんまの匂いも分からんし。
一回買ってみようかな〜。


上に書いたように効果がイッパイある軟膏なんだけど、
副作用はないけど、使い方を間違うと痒くなったりするそうです。


ポイントは、できるだけ薄く延ばして塗る。

厚く塗りすぎたりするとカブレたりすることがあるそうですし、
ジュクジュクした皮膚の症状には向かないみたい。
こういうジュクジュクには『タイツコウ』ってのがいいそうです。

あと、皮膚の柔らかい部分に塗ると炎症とか、猛烈な痒みに襲われる事もあるそうです。
これには『中黄膏』ってのがいいそうです。

タイツコウは作り方がネットに載ってるんですけど、
材料が揃わない。

中黄膏は材料はなんとか揃えそうなんだけど、
作り方が載ってない。
文面で作り方を載せてるブログを一個だけ見つけたんだけど、
かる〜く書かれてるだけなので詳しくは分からない。


分かったら作りたいんだけどなぁ。





追記     2008/9/8

コメント欄でも書いたけど、長年ずっと季節の変わり目とかにアゴが異常に痒くなるんだけど、
紫雲膏塗ってみたら治まりました〜(*^▽^*)

今日扉に指を軽く挟んで爪の付け根に怪我をしたんだけど、
血が出てきたから舐めてみたらムチャクチャ痛くなって、
焦って紫雲膏つけてみました。
すると痛みがスッと引いちゃいましたよ〜♪

手作りだからもしかしたら効かないかも…とか思ってたんだけど、
想像以上の出来栄えに大満足(≧▽≦)

肉芽生成作用(皮膚を作る)もあるみたいだから
今度の手術の傷にも使ってみようかな〜。

(ただし、漢方なので合う合わないはあると思います!)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
手作り紫雲膏 ネコと猫アレルギーの私の生活/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/06 06:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい!!すごすぎる!!!!!
自分で作るなんて、ほんとすごいよ!!
私もこれ、おじさんに勧められてて、見つけたら買おうって思ってたけど、自分で作ろうなんて思いつきもしなかった!!
わー、ほんとすごいよ。精製なんて、まめさんの手にかかればちょちょいのちょいだよ。
ちこ
2008/09/05 23:21
ちこさんへ
いや、褒めすぎだよ(/ω\)
ちこさんも絶対作れるって〜!
でも、紫雲膏いいと思うよ。
アゴが季節の変わり目とか痒かったんだけど、
塗ったら痒み止まったし♪

精製は量も多いし、ラードの精製してみようかと思ってるんだけど、固くて大変らしいから手が出ないんだよねぇ。
勢いが付けば出来るのかもしれないけど…。
あと、精製したあと油って冷蔵保管だよね?
入れる場所空けないと…。
あとゴミがイッパイ出そうな感じがして、
って全部言い訳なんだけどね(笑)
まめ
2008/09/06 11:42
いや〜。やっぱ紫雲膏作るって、ただもんじゃないよっ!(笑)
精製、そうね、ラードだと光熱費やら手間賃考えると買いたくなっちゃうよね。
いい出会いとタイミングがあればって感じだよね。
精製したあと、冷蔵保管でいけるらしいけど、私は冷凍しちゃってる。うちの冷蔵庫、お茶と馬油だけで半分埋まってるよ^^;
ちこ
2008/09/08 01:03
ちこさんへ
じゃあ、お言葉に甘えて(?)ただもんじゃないってことにしとくわ〜(^▽^;)
そうそう!精製する価値のありそうな脂に出会えたら頑張れそうなんだよね。
でしょ?
絶対冷蔵庫埋まるよね〜。
それが迷う一因でもあるんだよなぁ(^_^;)
ちこさんちにはお茶も多いの?
まめ
2008/09/08 15:22
うんうん、うちお茶多い。
私すっごいお茶すきなのね。
中国茶にすっごいはまった時期があって、台湾旅行にいってきたおじさんが大量に買ってきてくれて、あんまり大量で消費できないから冷凍庫に保管してます。緑茶も無農薬のものが欲しいっておばさんに言ったら大量に・・・。それまた冷凍庫で保管してます。
お茶も鮮度が命だから、ちょっとづつ買わないとだめだよねー^^;
馬油はもう底をつきそうだからそんなに場所はとってないけれど、それでも存在感あるなぁ。
冷蔵庫は保管中の石けんでいっぱいだしね(笑)
ちこ
2008/09/09 00:52
今追記みた!!
効くんだねー。私も傷がまだあるんだけど、
手術から2か月経っちゃったけど効くかなぁ。
うー、でもこれ作るなんてむりだわぁ^^;
薬局とか探してみようかな♪
ちこ
2008/09/09 00:55
ちこさんへ
お茶がそんなに場所取るってすごい量だね(汗)
それにしてもオジサンもオバサンもイイ人だ〜!
無農薬の緑茶ってやっぱりあるんだね!
その内私も探してみよ♪

石けんは冷蔵庫保管?
それが一番いいんだろうなぁ。
うちはキッチンの吊り戸棚で保管してるんだけど大丈夫かなぁ(汗)

紫雲膏材料さえあれば石けんと一緒みたいなもんだよ!
一回作ればしばらく作らなくてもいいくらいできるし(笑)
傷口に聞くかは分からないけど、ちょっとだけお試しに送ろっか?
まめ
2008/09/09 10:14
農家の人がね、自分の家で飲むように無農薬で作ったのをおばさんのつてで分けてもらったの!
このおばさんね、うちの母の双子の姉なの♪
金曜日は二人でデートなのよー♪
お試し・・貴重なもの、いいのかなぁw
サンプルサイズ、お願いしてもよい???
今日ね、中華街行ってきて、紫紺と当帰探したんだけど、どっちもなかったのTT 
代わりに別のものはGETできたんだけど。
なんかいっつもおねだりしてるみたいで、恥ずかしいわぁ^^;
ちこ
2008/09/09 21:12
ちこさんへ
おばさん、すごいツテがあるんだ〜♪
おばさんともそんなに仲がイイって羨ましいな(*^o^*)
双子って珍しいよねっ!
いいなぁ(≧▽≦)

大丈夫だよ!
私も色んなとこで、色んなものいただいてるから〜♪
いただき上手って事で(笑)
中華街とか薬局とかで手に入れたら、もっと効果ありそうかも!!
やっぱりトウキとかシコンの質によって、出来も変わってくるみたいだから。
ちなみに私はネットのコスメ材料屋さんで購入してるんだけど(^▽^;)
じゃ、ちょこっとで申し訳ないけど送らせてもらうね♪
もうちょっと待っててね〜(*^o^*)/~
まめ
2008/09/10 11:35
ありがとう!嬉しいです♪
ケース、先に送ろうか??
ちこ
2008/09/10 12:18
ちこさんへ
ケースって紫雲膏いれるケース?
それだったらまた送料掛かっちゃうし、うちにあるケースに入れて送るから大丈夫だよ♪
まめ
2008/09/10 12:53
はじめまして 松風と申します。

ずいぶん前の記事、ほじくり返してしまってすみません(^^;)
紫雲膏の作り方をググッていたらここにたどり着いたもので…
簡単なものですが中黄膏のレシピ的なものを見つけたので、書いておきますね。(複数のサイトの資料から自分なりに導き出したものですが…)

松浦漢方 処方
【成分】(100g中)
オウバク 10g (消炎解毒作用)
ウコン 8g (消炎解毒作用)
ゴマ油 100g
ミツロウ 38g
豚脂 2g

大晃生薬の処方(こっちのほうが松浦より薄い?)

【成分・分量】 100g中
オウバク末 1.4g
ウコン末 2.8g
ごま油 69.4g
ミツロウ 26.4g


生薬は、ウコン→オウバクの順で。
紫雲膏と同じ手順で作られても大丈夫そうですが、
蜜蝋を入れるのは生薬の後のほうが良いようです。そのほうが有効成分を十分に抽出できるらしいです。

【参考資料】
松浦漢方 ベルクミン(現代版?中黄膏)の成分
http://white.ap.teacup.com/maguma/56.html

大晃生薬 中黄膏の成分・分量
http://www32.ocn.ne.jp/~kanpo/nankou10.html#Anchor993996

漢方軟膏の研究
http://www.geocities.jp/kotyu1988/nankou.htm

超テキトーな作り方(たぶんまめさんが言われてるブログです。参考にはならないかも…)
http://www.e-fureai.com/weblog/?p=724

何かのヒントにでもなれば幸いです。

松風
2010/07/28 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
手作り紫雲膏 ネコと猫アレルギーの私の生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる