ネコと猫アレルギーの私の生活

アクセスカウンタ

zoom RSS トマトのビン詰め

<<   作成日時 : 2010/07/01 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
いよいよトマトができてきましたね〜
嬉しいような恐ろしいような(笑)

出来始めると追われるのが夏野菜の宿命なのか?
トマトにキュウリ、茄子にピーマン、三度豆。
出来始めると恐ろしいほど出来てくる。


でも今年はトマトができるのをちょっと心待ちにしてたんです。
フィレンツェ田舎生活便り2さんで見つけたビン詰めをしてみたくて♪

このビン詰めはソースにせずにそのまま詰めるだけ(*^o^*)
楽チンです!
湯剥きしてからトマトをカットしてバジルとニンニクを一緒にビンに入れるのだけど、面倒なので湯剥きも省いてしまいました( ̄∀ ̄)
今回は普通のトマトと黄色のトマトを使ってみました。


煮沸脱気するビン詰めは初めてだったので、脱気がちゃんとできてるか確認するために2つのビンのうち1つはWECKの瓶にしてみました。
WECKのビンは脱気するとクリップを外してもガラスの蓋が取れないので、確認しやすいんです。
画像右のWECKのビンは脱気がちゃんとできてるので蓋を持って持ち上げても大丈夫!


問題はもう1つのビン。
安いビンのためストッパーがついてないし、蓋も脱気状態か確認しにくい(>_<)(ベコベコしない)
やっぱりちゃんとしたビンを買わないとあかんね。
冬まで待って確認して腐ってなければ、安いビンでもいけるか分かるかな。(腐ってなかったら安いビンばかり買ってしまいそうだわ)


ちゃんと脱気したビン詰めは冷暗所に置いておけば1年くらいもつそうです♪
冷蔵庫がイッパイにならず、夏のお野菜が冬にも食べれる(*^o^*)
今の時代冬でもトマト買えるけど高いし、今ならタダ(笑)
トマトの水煮缶も買わなくて済む、はず。


茄子もビン詰めしてる人もいてるそうだけど、どうやってビン詰めにしてるかは不明。
誰か教えてくれないかな〜。
筍を水煮の瓶詰めにすると1年経ってもとりたての味だそうですよ(*^o^*)


これからの季節まだまだトマト山ほど採れそうだけど、ビン詰めばっかじゃ食べきれなさそう…。
ミニトマトはセミドライにしてオイル漬けにしたいけど、どれくらいもつのかな?
長持ちするなら嬉しいのにな。


今年の8月くらいに義父が畑を借りれなくなるのでビン詰めはよい思い出になりそう(o^∀^o)


きゅうりやナスの保存方法はまだ見つかってません(泣)
いいアイデアないかな〜

糠床があれば古漬けとかいいのにな☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トマトのビン詰め ネコと猫アレルギーの私の生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる